フリーランスエンジニアはハッカソンに参加するべき

ハッカソンに参加して自分のスキルを伸ばしましょう

エンジニアならハッカソンに行こう!

自分のスキルを伸ばす

自分のスキルを伸ばす

ハッカソンでの刺激的な体験は、フリーランスエンジニアとしてさらに成長したいという欲を掻き立ててくれます。ではどのようなことができるでしょうか。貴重な経験を活かすためのいくつかの手段を見てみましょう。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

AmazonのKindle unlimitedをフル活用する

インターネットを開けば無料の情報を簡単に入手できる時代ですが、情報の信憑性や内容の正確性では書籍にかなわないものがあります。やり方としてはベタですが、書籍を読むというのは勉強の基本です。専門分野に関連する書籍はできる限りチェックし、情報をインプットしましょう。エンジニア関連の書籍はとても多いので、読む書籍を見つけるまでが大変ですし、数が増えればコストもかかります。そこでぜひ活用したいのが、AmazonのKindle unlimitedです。月額980円でさまざまな書籍が読み放題なので、エンジニア関連の書籍1冊分より安い金額で多くの書籍に触れることができます。

書籍を探す

オンラインレッスンで学ぶ

書籍でインプットした情報をアウトプットするのに役立つのがオンラインレッスンです。読んである程度は理解できても、実際にやってみないとわからないことはたくさんあります。独学ですべてカバーするやり方ももちろんいいのですが、詳しい人の手を少し借りることによって格段に効率アップできます。マンツーマンレッスンの侍エンジニア塾なら、レベルに応じたプログラムを無理なく受講できます。エンジニアの独立支援サービスも充実しているなど、フリーランスを目指して勉強したい人必見のオンラインサービスです。

オンラインサロンを見てみる

ひたすら仕事をする

スキルアップのための勉強ばかりしていても現場感覚は身につきません。ある程度の基礎が成り立っているならば、どんどん仕事をこなしたほうが早く確実に成長します。余力があるならば、新しい仕事を増やしてみましょう。クラウドソーシングを利用して、初めてのジャンルにチャレンジしてみるという方法もあります。身につけたスキルを使う必要性に迫られて初めて出せる力が、一段上へと自分を押し上げてくれるはずです。

孤独になりすぎないことが大事

フリーランスはひとりで気楽だからと孤独になりすぎてしまうと、新しい情報から遠ざかってしまう恐れがあります。時代の波に乗って的を射た学習をするためには、さまざまな方向からバランス良く情報を集めることが大切です。ハッカソンなどのイベントに参加して刺激を受け、関連する書籍をよく読み、詳しい人から教わり、自分で試すということを繰り返していくうちに、フリーランスエンジニアとして円熟していきます。「こうあらねばならない」と自分をがんじがらめにせず、自分にとってやりやすい形を模索しながら学び続けていくことが続く秘訣です。

こちらも読まれています

イベントの開催場所や探し方
イベントの開催場所や探し方

インターネットで「ハッカソン」と「地域」を検索すれば、ピンポイントな情報は見つかりますが、他のイベントとの比較ができません。FacebookなどのSNSを使えば最新のイベント情報を入手することができるので、気になるイベントのアカウントをフォローしておくことをおすすめします。全国で開催されている数多くのイベントの中から自分に最適のハッカソンを見つけたいのであれば、イベント情報サイトを利用してみましょう。

エンジニアならではのメリット
エンジニアならではのメリット

フリーランスエンジニアがハッカソンに参加するメリットは、0から1の開発を経験できることです。役割が分かれている中での開発とは違い、アイデアの段階から開発の最後まで関わる経験は、フリーランスエンジニアとしての活動にも役立ちます。新しい技術やまだ知らない技術に詳しい人から学べることもたくさんあるでしょう。仕事としての開発ではないことから、純粋に開発を楽しむために集中できるのもハッカソンならではのメリットです。

大ブームになっている理由
大ブームになっている理由

世界中のエンジニアにはおなじみの「ハッカソン」が、日本で大きなブームになっています。もともとはエンジニアが短期間で新しいものを開発するイベントだったものが、非エンジニアの参加によってさまざまなものを生み出せる場になりました。本来の目的であるイノベーションだけでなく、社会問題の解決策を模索する場や人材発掘の場として利用されるなど、日本独自の形になって全国に広がるハッカソンは、フリーランスエンジニアならぜひ注目したいイベントです。